自己処理は肌を傷めるだけ

毛抜きの処理を考えてみましょう。毛が濃い人からすれば、カミソリでは処理が毎日になって面倒、だったら毛抜で抜く方が、次に生えてくる毛が少なくなって面倒も少ないと考えます。毛抜きで毛を抜くと、カミソリよりもその時にはキレイになりますし、生えてくるまでに時間がかかるので、カミソリよりずっと効果的と考えます。

しかし、ムダ毛が脱毛できたのではなく、あくまでも除毛なので、また毛が生えてきます。毛穴から無理に引き抜いたので、毛穴は皮膚をふさごうと薄い皮膚が静養してきます。毛母細胞で次の毛が成長してきても、毛穴には薄い皮膚がかぶさっている状態なので、皮膚を突き破れず、その中で成長します。すると黒々した毛が皮膚の中にある、という埋没毛の状態が出来上がってしまうのです。

毛を表に出して処理するためには、皮膚を毛抜きなどでちょっと傷つけてそこからまた毛を抜くという事になり、炎症を起こしたり雑菌がついたりして膿を持ってしまう事もあります。肌へのトラブルは毛抜きだけにとどまることなく、カミソリ、ワックスなども同様です。

また除毛ローションの場合、毛を溶かす成分の入ったローションで毛を溶かして除毛するという方法になりますので、皮膚が弱い人は肌トラブルの元となりますので、オススメできる方法とは言えないのです。

← 新しい記事

以前の記事 →